ジャムネコの晩婚Life

40歳で結婚。40代晩婚の生活を綴っています。現在42歳不妊治療中。

ERA(子宮内膜着床能検査)を受けるべきか

f:id:JAMCATPARIS:20190712160530j:image

昨日の診察でクリニックに先生から提案されたERA(子宮内膜着床能検査)を受けるべきかを検討しましたが、先延ばしにしようかと考えています。

 

とりあえず昨日帰宅してから夫に陰性の判定結果と診察内容を話しました。

 

夫は私の話と考えを聞いて、すぐに検査を受けなくても良いのではないかと言いました。

 

それで私達は7月にもう一度移植してから、その結果で今後の治療(転院も視野に)を決めることにしました。

 

 

理由は、次の通りです。

 

1.私達の中で、7月に検査→8月休み→9月移植となると移植に2カ月待ったがかかるのが引っかかっています。

  8月はクリニックのお盆休みは仕方ないにしても、やはり私達にしたら1ヶ月治療ができない、移植に2ヶ月は空き過ぎな感じがします。

 

 

2.ERAを勧める目安は、複数回良好胚を移植しても着床しない場合らしいのですが、私達はまだ1回しか移植していません。

  先生的には今後の移植を無駄にしない為にも早目に検査を勧めたと思いますが、あと1回移植してからでも良いのでは?と思ったりします。

 

 

3.昨日のブログにも記載しましたが、ERAを実施しているクリニックがあまり多くないのと不妊治療のブログに実施したという方が少なく、実施して良かったという記載を見つけることができません。(検索の仕方が悪いのかもしれませんが…)

実施しているクリニックの中で、患者さんから早く実施すれば良かったというコメントはありましたが、クリニックの意向に沿ったものしか載せていないと思います。

本当に良いものならどこのクリニックでもやっていますよね?

日本の医師の中でも見解が分かれているのではないでしょうか?

私の中では何となくですが、ERA検査推奨派のデータ集めの側面も否めない感じがします。

 

 

4.ERAは検体を外国(スペイン)の検査会社に送って調べてもらうようで、日本では行えない。

 

 

5.実施した4分の1の人は検査したことにより妊娠率が上がったが、反対に4分の3は問題ないか時期以外に原因がある。

   この数値を大きいと取るか、小さいと取るか微妙。

  クリニックのデータによると30パーセントの人が着床の窓がズレているようです。

 

 

5.診察で言われた次に採卵する場合の質と数の低下の可能性も気になります。

  年齢的に数ヶ月でも採卵の機会が違えば結果は悪くなる可能性はあると思います。それならば自然周期の病院で365日治療ができて、早いうちに何回か採卵、移植をして早く結果を出すことを期待した治療も考えた方がいいのではないかとも思います。

 

 

6.助成金の金額の違いもあり、結果がなかなか出ないのであれば、できれば採卵で助成を受けたい。

   助成を受けられるのが来年の誕生日前日までに開始した治療で、あと2回受けられます。(1回目は申請中)

   採卵は15万円、移植は7万5千円。

   採卵に助成を回すなら早目に転院した方が良い。

 

 

 

こんな感じで昨日からずっと検索したり、考えたりしていて頭が痛くなりました😅

 

とりあえず迷ううちはERA検査はしないでおいて、やっぱりしようかなと思って納得できてからすれば良いかなと思っています。