ジャムネコの晩婚Life

40歳で結婚。40代晩婚の生活を綴っています。現在42歳不妊治療中。

慢性子宮内膜炎検査

f:id:JAMCATPARIS:20190712141559j:image

SAC 1周期目 D13

 

今日は慢性子宮内膜炎の検査を受けてきました。

 

2回目のSAC受診です。

 

11時の予約で、10時40分ぐらいに到着。

 

再診機で受付を済ませた後、先日の初診で渡された同意書一式を受付へ提出。

 

少し待っていると採血室に呼ばれました。

 

採血後、11時ぐらいに内診室に呼ばれ支度をして内診台へ。

 

今日は回転する内診台でした。

 

前回の初診の時は自分で座って、足を置くタイプでした。

 

内診の待合室で後から来た人が先に別の内診室に呼ばれたから、検査や診察内容の違いでタイプが違うのかなと思いました。

 

待っていると先生が来て、小さな声で失礼しますと言って超音波で子宮内膜の厚さと卵胞チェック。

 

院長先生ではないなと思いました。

 

ちょっとだけ痛かったけど、気にするほどではなかったです。

 

転院前のクリニックの先生がすごく痛かった(今までかかった病院で1番痛かった)ので、これぐらいなら全然許容範囲と思いました。

 

そのあと、子宮内膜炎検査をするので器具が入りますと言われたような言われてないような(先生の声が小さいので)声が聞こえ、器具を入れられました。

 

多分私の嫌いなクスコとかいう器具だと思います。

 

これは少し痛かったです。

 

その後、細いチューブが入りますと言われて、かなりの痛みが!

 

痛い!と思わず声が出ました。

 

すぐに終わりましたが、少し涙が出ました💦

 

検査が終わると、看護師さんに「痛みや気持ち悪さはありませんか?」と言われて、「大丈夫です」と答えました。

 

内診台を調整されて膝掛けを掛けてくれて、暫く安静に。

 

5分ぐらいすると、看護師さんから「2〜3日出血があるかもしれません。この後気持ち悪いとか腹痛が酷ければナースセンターに声を掛けてくださいね」と言われて、着替えて内診室を出ました。

 

暫くして診察室へ。

 

中には若めの男性の先生。

 

声が小さいので、さっきの内診の時の先生だとわかりました。

 

血液検査の結果とエコーの写真がプリントされた紙を渡され、もうすぐ排卵になるので、スプレーと明日からプラノバールを約2週間飲むように言われました。

 

次の周期に良い卵を採卵するために、今回排卵をさせて排卵後しっかりと高温期を作るためらしいです。

 

子宮内膜炎は検査結果が出るまでに10日ぐらいかかるみたいで、陽性の場合は抗生剤を2週間服用しないといけないとのこと。

 

そうすると結果が出るのに時間がかかるので、結果を待って服用すると次の周期にかかるので今日から2週間服用して、結果が陽性だった場合は再検査、陰性の場合は予定通り採卵と移植ができるけど、どうしますか?と言われました。

 

採卵移植ができず長引くのは嫌なので、今日から飲みますと伝えました。

 

この後薬の服用等詳しくはナースセンターで説明を受けるように言われて診察室を出ました。

 

ナースセンターで、初診の時に説明を受けた看護師さんから説明を受けました。

 

この看護師さん、ベテランな感じですがとても話しやすいです。

 

しかも綺麗な人です。

 

ブセレキュアは今日は要らないと思って持ってきていませんでしたが、いつ使い始めたか聞かれて、まだ半年経っていないので帰宅してから右→左→右とスプレーをするように言われました。

 

排卵をさせる為らしいです。

 

明日からプラノバールを12日間毎晩服用して、服用が終わると2〜3日で生理がくるので生理3日目に受診するように言われました。

 

今日は大体1時間ぐらいで終わりました。

 

お会計はクレジットカードが使えるので、通院前にお金を引き出さなくていいので助かります。

 

SACは明細にいくら掛かったか詳細に記載されているので、明朗会計で良いです😊

 

前のクリニックは自由診療分は明細がなかったので、こういう部分も違いがあります。

 

結果が陰性だといいな。

 

4月の採卵以降暫く生卵はあまり食べてなかったので、採卵に向けてまた卵を沢山食べるようにしたいと思います。