ジャムネコの晩婚Life

40歳で結婚。40代晩婚の生活を綴っています。現在42歳不妊治療中。

子宝のパワースポット 御胎内神社へ

f:id:JAMCATPARIS:20190722180931p:image

 

今日は、静岡県御殿場市にある子宝のパワースポット、御胎内神社に行ってきました。

 

近場にも子宝祈願の神社はありますが、私が惹かれたのは、溶岩隧道御胎内という神社のすぐ横にある洞窟です。

 

この洞窟の形状が人体の内部に似ていることからそう呼ばれるみたいです。

 

洞窟は狭く、かがんで進まなくてはならず、最後はまるで赤ちゃんが産道を通って生まれるような感じで出るのが大変とのこと。

 

富士山のパワーも子宝に良いと聞いたことがあり、御胎内という名前も凄い。

 

これはご利益がありそう!

 

自宅から目的地までは車で1時間半ぐらい。

 

採卵までには行きたいけど、生理中の神社のお参りはあまり良くないと言うしと思っていたら、今日夫は代休とのこと。

 

前日に夫にお願いして行くことにしました!

 

今日は天気があまり良くなく午後は雨の予報で、雨が降るまでにお参りができればと思い、朝食を済ませて出発しました。

 

出発して少し経ったときに、雨が降り始めました。

 

とりあえず行ってみて雨でダメなら仕方ないと思いましたが、御殿場に着くと雨が止んでいて天気が幾分か良くなっていました。

 

御殿場のインターから車で20分ぐらいで到着。

 

駐車場に着くと、山道の入り口に案内所が。

 

案内所で入場料を払いました。

 

洞窟の中は暗いので、懐中電灯などの灯りがあった方が良いとのことでしたが、持っておらず、電灯付きのヘルメットをレンタルしました。

 

結果、洞窟の天井に頭が当たったりするのでヘルメットをレンタルして正解でした!

 

ちなみに、入場料200円、ヘルメットのレンタルは50円です。

 

しばらく山道を進むと、安産夫婦岩がありました。

 

安産夫婦岩は、男岩と女岩、間に恵岩があり、夫は男岩を、私は女岩を、2人で恵岩を撫でました。

 

それからしばらく進むと鳥居があり、神社が見えました。

 

御清めをして、お参り。

 

その後、受付で購入した絵馬を書いて奉納。

 

たくさんの絵馬が奉納されていて、全部赤ちゃんを願うものでした。

 

中には赤ちゃんを授かった方の御礼を書いた絵馬もありました。

 

その後、ヘルメットを装備していざ洞窟へ。

 

入り口は冷やっとして、少し肌寒かったです。

 

中はかがんでやっと進めるぐらいで、足への負担が半端なかったです。

 

頭が当たったりしながらゆっくりゆっくり進むと、洞窟の中間にお社がありお参りをしました。

 

そこから後は高さが50センチぐらいでとても狭くて、手をついて膝をついて這って進んでいくしかなく、下が濡れているので滑らないように慎重に進んでいきました。

 

後半はすごく大変で、息切れがしてしんどくて、本当に赤ちゃんが産まれる瞬間のような感じ。

 

ようやく出口を出ると、まるで出産したかのような達成感!

 

出産していないので本当は違うと思いますが、そんな感じがしました。

 

本当にご利益がありそう。

 

帰りの山道を下っている途中から雨が降りだし、まるで私達が来てお参りが終わるまで待っていてくれたような気がして嬉しく思いました。

 

加えて、森林のマイナスイオンも浴び、身も心もリフレッシュすることができました。

 

採卵周期に入る前に行くことができて、気持ちも晴れやかに採卵に臨める気がしました。

 

 

今日は平日で私達意外は誰もいませんでしたが、土日祝日はそれなりにお参りにくる人はいると思います。

 

機会があれば是非行ってみてください。