ジャムネコの晩婚Life

40歳で結婚。40代晩婚の生活を綴っています。現在42歳不妊治療中。

SAC 採卵周期② 診察2回目

f:id:JAMCATPARIS:20190830162603p:image

 

今日は朝から雨で午後には止みました。

 

気温は高くないですが、何となくムシムシしています。

 

 

今日、SACの診察に行ってきました。

 

周期10日目です。

 

いつもの11時予約です。

 

受付→採血→内診→診察→ナースステーション→会計。

 

採血が終わったらラウンジで早めの昼食をして、内診に呼ばれるのを待ちました。

 

内診中待合に12:15に呼ばれたのに、内診室に全く呼ばれず、私より後から呼ばれた人が次から次へと内診室へ。

 

もしかして忘れられている?と不安になりながらも、内膜炎検査があるから遅いのかな?とも思い、30分以上待たされたら聞いてみようと思っていたらすぐに呼ばれました。

 

中待合に呼ばれてから内診室に呼ばれるまで25分かかりました。

 

今日の内診と検査は、先週とは違う女性の先生で、ご丁寧にカーテンを開けて挨拶をしてくれました!

 

すごく好感度が高いです。

 

子宮内膜と卵巣のチェックが終わると内膜炎検査へ。

 

消毒は痛くなく、チューブを入れる時に痛かったですが、前の2回の検査と同じくらいの痛みでした。

 

相変わらずこの痛みには慣れませんが、すごく丁寧で優しい先生でした。

 

今日の診察は、さっきの先生かな?と思いながら待合室に戻るとすぐに診察室に呼ばれました。

 

診察は、何と久しぶりの院長先生でした!

 

なんか院長先生の診察だと安心します。

 

院長先生の診察は初診入れて2回目ですが、説明会でもお話を聞いているし、初診の時も30分ぐらい丁寧に診察を受けているからだと思います。

 

それから院長先生の穏やかな話し方もあると思います。

 

卵胞は問題なく育っていて、E2も問題なく数値が高くなっているけどLHがまだ上がってきてないので、明後日採卵となりました。

 

内膜炎はまた念のため抗生剤を服用することになりました。

 

ジスロマックを3日間服用です。

 

院長先生に「内膜炎がなかなか治りません」と言うと、

「稀ではないがたまに内膜炎の数値が下がらない人もいて、子宮内の細菌や環境を調べる検査が6万円ぐらいするけどこの検査を受けるのもありかと思うけど、高い検査なので次回の結果を見て考えましょう。

数値が下がらなくても菌がいない人もいて、そういう場合は移植しても問題ないことも多いです」

ということでした。

 

高い検査は、多分EMMAとALICEの検査だと思います。

 

この間からネットで調べていて、ALICE検査を受けた方がいいかな?と考えていましたが、やはり先生からもそういう方針を提示してくれました。

 

とりあえず内膜炎の方は、今日の検査結果次第ですが、もし治っていなかったらEMMA・ALICE検査を受けたいと思います。

 

 

さて、明後日いよいよ採卵です。

 

何となく明後日ぐらいかなと思っていたので、予想通りです。

 

今日22:00、明日7:00にブセレキュア 。

 

明日10:00、17:00、22:00にボルタレン

 

忘れないようにスマホにアラームも設定しました。

 

明後日は日曜日なので、夫も一緒に行きます。

 

今度は採卵できますように!